PAGE
TOP

夏のウェディングゲストコーデ




夏のキラキラな日差しの中でのウェディングは気分もよくて思わずはしゃいでしまいそうです。・・・が、はしゃぐ前にまずは準備!
結婚式は恋愛もそうですが、いろいろな意味で出会いの場。
バッチリ決めて他の女子と差をつけたいですよね。
引用元 www.aimer.jp


★涼しげなカラーを選んで!

夏といえば気温が暑い!ということで見た目だけでも涼しげに行きたいところです。
素材はシフォンやレースなどの軽やかなもの。カラーはライトブルーやミントグリーンなど明るめの寒色系がコーディネートもしやすく、さわやかでおススメです。
また、汗を大量にかく可能性があるので、グレーやベージュなど、汗ジミが目立つ物はさけます。


引用元 www.aimer.jp

画像のままでは白っぽいので、少しマナー面が気になりますが、イエローやオレンジなどのビタミンカラーもヘルシーなイメージで夏にピッタリです。


★涼しげな薄めのカラーに挿し色で、マナー違反を回避!

しかし、いくら涼しげにと言っても白や写真写りが白くなってしまう淡い色のドレスや、ベアトップや、キャミソールドレスなど肩の出ているドレスは、時間帯や会場によってはマナー違反になります。
同じように生足やサンダル、オープントゥなども最近では寛容になってきていますが、人によっては快く思われないので要注意です。

すでに用意してしまった場合など、ドレスは高価なので買い替えは難しいですよね。
そんな場合でも解決策はあります。(これでもダメ!という手厳しい方もいらっしゃるとは思いますが・・・)
白っぽい面積を減らすように、濃い色のカバーリングでおおってしまいましょう。
カバーリングと同系色のバッグやヘアアクセで統一感を出せばバッチリです!

引用元 www.rakuten.co.jp
引用元 zozo.jp


上のイエローのドレスに合わせるならこんな感じで。

★人気のブラックドレスを夏らしく着るには
年齢を問わず抵抗なく着られて、おしゃれに見えるブラックドレス。
けれど、結婚式では男性がスーツで黒っぽいことがおおいので、できればカラードレスで華をそえたいところです。
とはいえカラードレスはどうしても抵抗があるという方も多いのでは?
そんな時は先ほどの白っぽいコーデの逆に、カバーリングや小物で明るい色をとりいれれば、お葬式状態も防げますし、よりおしゃれに見えること間違いなしです!
引用元 www.mwed.jp


ブラックのドレスは暑苦しく見えがちなので、とくに夏は軽やかな素材の物をチョイスしましょう。

夏のウェディングパーティーは汗や冷房対策もお忘れなく。
いくつか例をあげましたが、マナーも忘れずに装って大人のおしゃれを楽しみましょう!

簡単♥レンタルの仕方

Color-カラーで探す

ブラックのドレスをレンタル グレイのドレスをレンタル ホワイトのドレスをレンタル ベージュのドレスをレンタル ブラウンのドレスをレンタル レッドのドレスをレンタル オレンジのドレスをレンタル イエローのドレスをレンタル グリーンのドレスをレンタル ブルーのドレスをレンタル パープルのドレスをレンタル ピンクのドレスをレンタル ゴールドのドレスをレンタル シルバーのドレスをレンタル プリントのドレスをレンタル ■関連サイト
ベビレンタ
カメラレンタ

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
この色が定休日です